ウッドデッキの水回りについて

ウッドデッキに、水回りを取り付ける事で、ウッドデッキの利便性や活用方法が広がります。
ではウッドデッキには、どのような水回りが取り付けられているのか、いくつか例を紹介していきます。

まず取り付けると非常に便利なのは「ガーデンシンク」です。
「ガーデンシンク」とは、言葉通り庭に取り付ける屋外シンクの事です。

ウッドデッキでBBQを楽しみたいという人も多いでしょう。
基本的にウッドデッキの設置場所は、アウトリビングと呼ばれるぐらいですから、
リビングと直結して室内から出入りしやすい場所です。

しかしいくら出入りしやすいと言っても、室内のキッチンで野菜やお皿、
まな板や包丁など、その都度洗いに行くと、何往復もするので大変です。
特に友達を呼んでBBQでホームパーティなら、参加人数も多いですよね。

そうなるとやらなければいけない作業量も増えてしまいます。
そのため「ガーデニングシンク」を取り付けしたら、作業効率も大幅にアップするでしょう。

また「ガーデニングシンク」は、屋外のキッチンのシンクという役割以外にも、
ガーデニングの道具を洗うシンクとしても活躍します。

泥がついたスコップなどを、室内に持ち込んで泥が落ちたらイヤですよね。
また室内のシンクでは、汚れるからガーデニングの道具を洗いたくないという人もいるでしょう。
ですが「ガーデニングシンク」であれば、汚れる心配をせずに、ガーデニングの道具を洗う事が可能です。

「ガーデニングシンク」は、いらないけれど、ウッドデッキで手軽に水を使用出来るのは便利。
そんなふうに思う人もいるかもしれません。
確かに水が使用出来たら、植物の水やりや散歩から帰ってきたペットの足洗い、
ウッドデッキの掃除など、いろいろ使い勝手がよくなります。

またウッドデッキの下には、土壌の基礎工事を行っていて、空間があります。
この空間を有効活用してみてはいかがでしょうか?

例えば、「雨水タンク」をウッドデッキの下に設置する事が可能です。
雨水タンクとは、言葉通り、雨水を貯めるタンクの事です。

雨水なんてキレイじゃないし、貯めてどうするの?
そんなふうに思う人もいるかもしれません。
ですが暑い日に、散水する事で体感温度を少し下げる事が出来ます。

また災害時などの非常時に、雨水を貯めておくと役立ちます。
トイレを流すのには、大量の水を使用します。
災害時に、水道が使えなくなり、トイレが使えなくなると大変ですよね。
また生活用水が不足している非常であれば、洗濯の最初の1回目は雨水を使用する事も可能です。

雨水は元々蒸留水ですし、洗濯する衣服にも汚れがついているので、
洗剤を使用すれば、1回目は雨水でも問題はありません。
ただし最後のすすぎ洗いには、キレイな水を使って下さい。

雨水タンクは、そんないざという時のための、備えになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA