ウッドデッキのお手入れ方法

ウッドデッキは、耐久性がある材木を選び、防腐剤入りの塗料を使用したとしても、それだけでは不十分です。
やはり日々のお手入れ方法によって、耐久年数に大きく差が付くと言えるでしょう。
ですがウッドデッキをどのようにお手入れすればいいのか分からない、そんな人もいるかもしれません。
なので、ウッドデッキのお手入れ方法について、紹介します。

まずウッドデッキは、材木なので、水に弱いという事は知っている人も多いでしょう。
しかし材木は、砂埃にも弱いという事も知っておきましょう。
なぜ砂埃に弱いのかというと、砂埃が材木の乾燥を進めて、ヒビ割れの原因になってしまいます。
さらに砂埃に含まれる腐朽菌が材木を腐らせてしまいます。

そのため天気がいい日が続き、ウッドデッキは濡れていないからお手入れの必要はないと考えるのは間違いです。
むしろ天気がいい日が続いているなら、掃除でウッドデッキが濡れてもすぐに乾きます。
定期的に掃除をして砂埃を落とすべきだと言えるでしょう。

またウッドデッキで、天然の材木を使用している場合は、材木は気温の変化によって収縮します。
そして収縮するために、ヒビ割れしてしまったり、反ってしまったりします。
特に反った時が要注意で、釘やネジが浮いてしまい、子供やペットが素足で遊んでいると怪我をしてしまうかもしれません。

そのため、しっかりとお手入れをする必要があります。
ではウッドデッキのお手入れ方法ですが、最初にほうきで砂埃を掃いて下さい。
ウッドデッキには、板と板の間に砂埃が溜まりやすいので、面倒ですが竹串などを使って隙間もキレイにしましょう。

そして砂埃を落としたら、デッキブラシで軽くこすり、水で洗い流して下さい。
材木にささくれやトゲが出来てしまった場合は、サンドペーパーで表面を削る事で、怪我をするリスクを軽減出来ます。

ただし、サンドペーパーで表面を削り過ぎると、塗料が剥げてしまい、耐久性が落ちてしまいます。
塗料を塗るペースは1年に1度程度なので、あまり小さなトゲで念入りに広範囲サンドペーパーをかける事はオススメ出来ません。

人工材木の場合は、天然材木と比べると、お手入れは簡単です。
ささくれやトゲも出来る事はありません。
ただ、人工材木でも汚れてしまったり、カビが生えたりする事があります。
なので、汚れやカビが気になる場合は、デッキブラシで軽く擦ってキレイに洗い流して下さい。

ウッドデッキのお手入れ方法としては、定期的に掃き掃除と水拭きをして、ささくれやトゲが出て来たら、サンドペーパーをかけます。
そして1年に1度、塗料の塗り替えをしておけば、ウッドデッキの耐用年数は大きく変わってくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA