ウッドデッキに屋根をつけるべき?

例えば、ホームパーティで、ウッドデッキでBBQをしようと思っていた日に、
雨が降ってしまったら、中止になるかもしれません。
ですが、ウッドデッキに屋根があったら、BBQも出来たのに、そんなふうに思う人もいるでしょう。

ではウッドデッキには、屋根をつけるべきなのでしょうか?
ウッドデッキに屋根をつけるメリットとデメリットについて紹介します。

まずメリットは、先ほど紹介したように、屋根をつける事で雨よけになります。
BBQ以外にも洗濯物を干している場合も、とっさの雨に濡れる心配がありません。
また雨よけになる事で、ウッドデッキが濡れるのを防ぎ、ウッドデッキが長持ちする事もメリットだと言えるでしょう。

雨以外にも、屋根をつける事で、日射しを遮る事が出来ます。
夏場であれば、ウッドデッキで直射日光を浴びると、日射しが強すぎますよね。
ですが、ウッドデッキに出るためだけに、日焼け止めクリームを塗る事も手間です。

なので、屋根をつける事で、紫外線を予防する事が出来ます。
日射しを遮るという事は、ウッドデッキの体感温度を下げる効果もありますし、また室内の温度にも影響を与えます。
日射しが遮られるために、夏場の冷房代を抑える効果が期待出来ます。

あとは、屋根をつける事で、周囲からの目隠しになるため、人目が気にならなくなるメリットもあります。
このように、ウッドデッキに屋根をつけるメリットは多いですが、次はデメリットも紹介していきます。

デメリットは、メリットで夏の日差しを遮ると言いましたが、冬になると日射しを遮る事でデメリットが生じてしまいます。
室内が日中でも暗く、日射しが入らない事で室内の温度もかかってしまいます。
そのため冷房代は節約出来ても、暖房代が増えてしまうので、年間の冷暖房代はプラスマイナスゼロになってしまいそうです。

また屋根は、後から取り付けたものなので、それほど丈夫ではありません。
そのため台風などの風が強い日であれば、屋根が壊れてしまう可能性もあります。
それに豪雪地帯であれば、屋根があると、屋根に雪が積もって重たくなってしまいます。

重さで屋根が壊れてしまう可能性があるので、小まめに屋根の雪卸しが必要になってしまいます。
また屋根をつける事で、屋根の掃除が必要となります。
高い位置にあるだけに、掃除に手間がかかってしまうでしょう。

ただでさえ、ウッドデッキを設置した事で、ウッドデッキの掃除の手間が加わっている訳です。
そこに屋根の掃除の手間まで加わってしまうと、面倒に感じられてしまうかもしれません。

以上の事を考慮して、ウッドデッキに屋根を付けるべきかどうか、判断して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA