ウッドデッキのお手入れ方法

ウッドデッキは、耐久性がある材木を選び、防腐剤入りの塗料を使用したとしても、それだけでは不十分です。
やはり日々のお手入れ方法によって、耐久年数に大きく差が付くと言えるでしょう。
ですがウッドデッキをどのようにお手入れすればいいのか分からない、そんな人もいるかもしれません。
なので、ウッドデッキのお手入れ方法について、紹介します。

まずウッドデッキは、材木なので、水に弱いという事は知っている人も多いでしょう。
しかし材木は、砂埃にも弱いという事も知っておきましょう。
なぜ砂埃に弱いのかというと、砂埃が材木の乾燥を進めて、ヒビ割れの原因になってしまいます。
さらに砂埃に含まれる腐朽菌が材木を腐らせてしまいます。

そのため天気がいい日が続き、ウッドデッキは濡れていないからお手入れの必要はないと考えるのは間違いです。
むしろ天気がいい日が続いているなら、掃除でウッドデッキが濡れてもすぐに乾きます。
定期的に掃除をして砂埃を落とすべきだと言えるでしょう。

またウッドデッキで、天然の材木を使用している場合は、材木は気温の変化によって収縮します。
そして収縮するために、ヒビ割れしてしまったり、反ってしまったりします。
特に反った時が要注意で、釘やネジが浮いてしまい、子供やペットが素足で遊んでいると怪我をしてしまうかもしれません。

そのため、しっかりとお手入れをする必要があります。
ではウッドデッキのお手入れ方法ですが、最初にほうきで砂埃を掃いて下さい。
ウッドデッキには、板と板の間に砂埃が溜まりやすいので、面倒ですが竹串などを使って隙間もキレイにしましょう。

そして砂埃を落としたら、デッキブラシで軽くこすり、水で洗い流して下さい。
材木にささくれやトゲが出来てしまった場合は、サンドペーパーで表面を削る事で、怪我をするリスクを軽減出来ます。

ただし、サンドペーパーで表面を削り過ぎると、塗料が剥げてしまい、耐久性が落ちてしまいます。
塗料を塗るペースは1年に1度程度なので、あまり小さなトゲで念入りに広範囲サンドペーパーをかける事はオススメ出来ません。

人工材木の場合は、天然材木と比べると、お手入れは簡単です。
ささくれやトゲも出来る事はありません。
ただ、人工材木でも汚れてしまったり、カビが生えたりする事があります。
なので、汚れやカビが気になる場合は、デッキブラシで軽く擦ってキレイに洗い流して下さい。

ウッドデッキのお手入れ方法としては、定期的に掃き掃除と水拭きをして、ささくれやトゲが出て来たら、サンドペーパーをかけます。
そして1年に1度、塗料の塗り替えをしておけば、ウッドデッキの耐用年数は大きく変わってくるはずです。

ウッドデッキの照明と火

ウッドデッキは、室外にあるので、夜は暗くなってしまいます。
夜にも快適に、ウッドデッキを利用したいという人のために、ウッドデッキで使用するのにお勧めの照明を紹介していきます。

ウッドデッキに、照明を設置するなら、室外で利用する事を活かして「ソーラーライト」がお勧めです。
「ソーラーライト」とは、太陽の光を蓄電して、光るため電池や電気を必要としません。
「ソーラーライト」のメリットは、電源が不要なので、置く場所を自由に選ぶ事が出来ます。

また複数個設置する事も可能です。
電池ではないので、電池交換の必要もなく、省エネでエコロジーだと言えるでしょう。
ただしデメリットは、電池や電気の光に比べると、暗く感じるかもしれません。
あと、雨や曇の日が続くと、太陽光が蓄電出来ないので、使用する事が出来ません。

「ソーラーライト」以外にお勧めしたい照明と言えば「LED」です。
「LED」の寿命は11年以上なので、電球を変える手間を省く事が出来ます。
電球のコストだけ見ると、LEDが最も高いので、初期費用はかかります。
ですが白熱灯や蛍光灯の電球と比較すると、コスパは最もいいと言えるでしょう。

あと照明は、夜にウッドデッキを使用する目的以外にも防犯の目的で使用する事が可能です。
泥棒が泥棒に入る家を選ぶ時に、照明がついている家は、まず選びません。
そのため防犯目的の照明なら、長時間つけても電気代が負担にならないように、ソーラーライトかLEDがお勧めです。

では、照明を用意したら、夜に集まってBBQパーティを開催するという状況になったとします。
ウッドデッキでBBQを行う場合に、注意しなければいけない事は、防火対策です。
もし、ウッドデッキの上に、直接コンロを置いてBBQをしている場合は、
火がついた炭をウッドデッキに落としてしまう可能性があります。

火種が小さいとその場では、落とした事に気づかないかもしれません。
ですが、ウッドデッキの隙間に落ちて、BBQパーティが終わり、
寝ている間にウッドデッキが燃えて家事の発見が遅れてしまう。そんな事になったら大変です。

ウッドデッキは、材木で作られているので、火に燃えやすいため、火の回りが早く大惨事になってしまうかもしれません。

そのため防火対策として、直接コンロを置く事は止めましょう。
ではBBQはどう調理するのか?というと、モルタンやレンガで調理スペースを作りましょう。
モルタンやレンガなら、火種を落としても、燃え広がる前に火種が消えてしまうので、安全だと言えます。

またBBQが終わった後に、ちゃんと火が消えているのか、必ず家主が責任もっておこないましょう。
そしてその時に大丈夫でも、念の為、少し時間をおいた後に、異変がないかもう一度確認作業を行って下さい。