ウッドデッキのお手入れ方法

ウッドデッキは、耐久性がある材木を選び、防腐剤入りの塗料を使用したとしても、それだけでは不十分です。
やはり日々のお手入れ方法によって、耐久年数に大きく差が付くと言えるでしょう。
ですがウッドデッキをどのようにお手入れすればいいのか分からない、そんな人もいるかもしれません。
なので、ウッドデッキのお手入れ方法について、紹介します。

まずウッドデッキは、材木なので、水に弱いという事は知っている人も多いでしょう。
しかし材木は、砂埃にも弱いという事も知っておきましょう。
なぜ砂埃に弱いのかというと、砂埃が材木の乾燥を進めて、ヒビ割れの原因になってしまいます。
さらに砂埃に含まれる腐朽菌が材木を腐らせてしまいます。

そのため天気がいい日が続き、ウッドデッキは濡れていないからお手入れの必要はないと考えるのは間違いです。
むしろ天気がいい日が続いているなら、掃除でウッドデッキが濡れてもすぐに乾きます。
定期的に掃除をして砂埃を落とすべきだと言えるでしょう。

またウッドデッキで、天然の材木を使用している場合は、材木は気温の変化によって収縮します。
そして収縮するために、ヒビ割れしてしまったり、反ってしまったりします。
特に反った時が要注意で、釘やネジが浮いてしまい、子供やペットが素足で遊んでいると怪我をしてしまうかもしれません。

そのため、しっかりとお手入れをする必要があります。
ではウッドデッキのお手入れ方法ですが、最初にほうきで砂埃を掃いて下さい。
ウッドデッキには、板と板の間に砂埃が溜まりやすいので、面倒ですが竹串などを使って隙間もキレイにしましょう。

そして砂埃を落としたら、デッキブラシで軽くこすり、水で洗い流して下さい。
材木にささくれやトゲが出来てしまった場合は、サンドペーパーで表面を削る事で、怪我をするリスクを軽減出来ます。

ただし、サンドペーパーで表面を削り過ぎると、塗料が剥げてしまい、耐久性が落ちてしまいます。
塗料を塗るペースは1年に1度程度なので、あまり小さなトゲで念入りに広範囲サンドペーパーをかける事はオススメ出来ません。

人工材木の場合は、天然材木と比べると、お手入れは簡単です。
ささくれやトゲも出来る事はありません。
ただ、人工材木でも汚れてしまったり、カビが生えたりする事があります。
なので、汚れやカビが気になる場合は、デッキブラシで軽く擦ってキレイに洗い流して下さい。

ウッドデッキのお手入れ方法としては、定期的に掃き掃除と水拭きをして、ささくれやトゲが出て来たら、サンドペーパーをかけます。
そして1年に1度、塗料の塗り替えをしておけば、ウッドデッキの耐用年数は大きく変わってくるはずです。

ウッドデッキの照明と火

ウッドデッキは、室外にあるので、夜は暗くなってしまいます。
夜にも快適に、ウッドデッキを利用したいという人のために、ウッドデッキで使用するのにお勧めの照明を紹介していきます。

ウッドデッキに、照明を設置するなら、室外で利用する事を活かして「ソーラーライト」がお勧めです。
「ソーラーライト」とは、太陽の光を蓄電して、光るため電池や電気を必要としません。
「ソーラーライト」のメリットは、電源が不要なので、置く場所を自由に選ぶ事が出来ます。

また複数個設置する事も可能です。
電池ではないので、電池交換の必要もなく、省エネでエコロジーだと言えるでしょう。
ただしデメリットは、電池や電気の光に比べると、暗く感じるかもしれません。
あと、雨や曇の日が続くと、太陽光が蓄電出来ないので、使用する事が出来ません。

「ソーラーライト」以外にお勧めしたい照明と言えば「LED」です。
「LED」の寿命は11年以上なので、電球を変える手間を省く事が出来ます。
電球のコストだけ見ると、LEDが最も高いので、初期費用はかかります。
ですが白熱灯や蛍光灯の電球と比較すると、コスパは最もいいと言えるでしょう。

あと照明は、夜にウッドデッキを使用する目的以外にも防犯の目的で使用する事が可能です。
泥棒が泥棒に入る家を選ぶ時に、照明がついている家は、まず選びません。
そのため防犯目的の照明なら、長時間つけても電気代が負担にならないように、ソーラーライトかLEDがお勧めです。

では、照明を用意したら、夜に集まってBBQパーティを開催するという状況になったとします。
ウッドデッキでBBQを行う場合に、注意しなければいけない事は、防火対策です。
もし、ウッドデッキの上に、直接コンロを置いてBBQをしている場合は、
火がついた炭をウッドデッキに落としてしまう可能性があります。

火種が小さいとその場では、落とした事に気づかないかもしれません。
ですが、ウッドデッキの隙間に落ちて、BBQパーティが終わり、
寝ている間にウッドデッキが燃えて家事の発見が遅れてしまう。そんな事になったら大変です。

ウッドデッキは、材木で作られているので、火に燃えやすいため、火の回りが早く大惨事になってしまうかもしれません。

そのため防火対策として、直接コンロを置く事は止めましょう。
ではBBQはどう調理するのか?というと、モルタンやレンガで調理スペースを作りましょう。
モルタンやレンガなら、火種を落としても、燃え広がる前に火種が消えてしまうので、安全だと言えます。

またBBQが終わった後に、ちゃんと火が消えているのか、必ず家主が責任もっておこないましょう。
そしてその時に大丈夫でも、念の為、少し時間をおいた後に、異変がないかもう一度確認作業を行って下さい。

ウッドデッキに屋根をつけるべき?

例えば、ホームパーティで、ウッドデッキでBBQをしようと思っていた日に、
雨が降ってしまったら、中止になるかもしれません。
ですが、ウッドデッキに屋根があったら、BBQも出来たのに、そんなふうに思う人もいるでしょう。

ではウッドデッキには、屋根をつけるべきなのでしょうか?
ウッドデッキに屋根をつけるメリットとデメリットについて紹介します。

まずメリットは、先ほど紹介したように、屋根をつける事で雨よけになります。
BBQ以外にも洗濯物を干している場合も、とっさの雨に濡れる心配がありません。
また雨よけになる事で、ウッドデッキが濡れるのを防ぎ、ウッドデッキが長持ちする事もメリットだと言えるでしょう。

雨以外にも、屋根をつける事で、日射しを遮る事が出来ます。
夏場であれば、ウッドデッキで直射日光を浴びると、日射しが強すぎますよね。
ですが、ウッドデッキに出るためだけに、日焼け止めクリームを塗る事も手間です。

なので、屋根をつける事で、紫外線を予防する事が出来ます。
日射しを遮るという事は、ウッドデッキの体感温度を下げる効果もありますし、また室内の温度にも影響を与えます。
日射しが遮られるために、夏場の冷房代を抑える効果が期待出来ます。

あとは、屋根をつける事で、周囲からの目隠しになるため、人目が気にならなくなるメリットもあります。
このように、ウッドデッキに屋根をつけるメリットは多いですが、次はデメリットも紹介していきます。

デメリットは、メリットで夏の日差しを遮ると言いましたが、冬になると日射しを遮る事でデメリットが生じてしまいます。
室内が日中でも暗く、日射しが入らない事で室内の温度もかかってしまいます。
そのため冷房代は節約出来ても、暖房代が増えてしまうので、年間の冷暖房代はプラスマイナスゼロになってしまいそうです。

また屋根は、後から取り付けたものなので、それほど丈夫ではありません。
そのため台風などの風が強い日であれば、屋根が壊れてしまう可能性もあります。
それに豪雪地帯であれば、屋根があると、屋根に雪が積もって重たくなってしまいます。

重さで屋根が壊れてしまう可能性があるので、小まめに屋根の雪卸しが必要になってしまいます。
また屋根をつける事で、屋根の掃除が必要となります。
高い位置にあるだけに、掃除に手間がかかってしまうでしょう。

ただでさえ、ウッドデッキを設置した事で、ウッドデッキの掃除の手間が加わっている訳です。
そこに屋根の掃除の手間まで加わってしまうと、面倒に感じられてしまうかもしれません。

以上の事を考慮して、ウッドデッキに屋根を付けるべきかどうか、判断して下さい。

ウッドデッキの水回りについて

ウッドデッキに、水回りを取り付ける事で、ウッドデッキの利便性や活用方法が広がります。
ではウッドデッキには、どのような水回りが取り付けられているのか、いくつか例を紹介していきます。

まず取り付けると非常に便利なのは「ガーデンシンク」です。
「ガーデンシンク」とは、言葉通り庭に取り付ける屋外シンクの事です。

ウッドデッキでBBQを楽しみたいという人も多いでしょう。
基本的にウッドデッキの設置場所は、アウトリビングと呼ばれるぐらいですから、
リビングと直結して室内から出入りしやすい場所です。

しかしいくら出入りしやすいと言っても、室内のキッチンで野菜やお皿、
まな板や包丁など、その都度洗いに行くと、何往復もするので大変です。
特に友達を呼んでBBQでホームパーティなら、参加人数も多いですよね。

そうなるとやらなければいけない作業量も増えてしまいます。
そのため「ガーデニングシンク」を取り付けしたら、作業効率も大幅にアップするでしょう。

また「ガーデニングシンク」は、屋外のキッチンのシンクという役割以外にも、
ガーデニングの道具を洗うシンクとしても活躍します。

泥がついたスコップなどを、室内に持ち込んで泥が落ちたらイヤですよね。
また室内のシンクでは、汚れるからガーデニングの道具を洗いたくないという人もいるでしょう。
ですが「ガーデニングシンク」であれば、汚れる心配をせずに、ガーデニングの道具を洗う事が可能です。

「ガーデニングシンク」は、いらないけれど、ウッドデッキで手軽に水を使用出来るのは便利。
そんなふうに思う人もいるかもしれません。
確かに水が使用出来たら、植物の水やりや散歩から帰ってきたペットの足洗い、
ウッドデッキの掃除など、いろいろ使い勝手がよくなります。

またウッドデッキの下には、土壌の基礎工事を行っていて、空間があります。
この空間を有効活用してみてはいかがでしょうか?

例えば、「雨水タンク」をウッドデッキの下に設置する事が可能です。
雨水タンクとは、言葉通り、雨水を貯めるタンクの事です。

雨水なんてキレイじゃないし、貯めてどうするの?
そんなふうに思う人もいるかもしれません。
ですが暑い日に、散水する事で体感温度を少し下げる事が出来ます。

また災害時などの非常時に、雨水を貯めておくと役立ちます。
トイレを流すのには、大量の水を使用します。
災害時に、水道が使えなくなり、トイレが使えなくなると大変ですよね。
また生活用水が不足している非常であれば、洗濯の最初の1回目は雨水を使用する事も可能です。

雨水は元々蒸留水ですし、洗濯する衣服にも汚れがついているので、
洗剤を使用すれば、1回目は雨水でも問題はありません。
ただし最後のすすぎ洗いには、キレイな水を使って下さい。

雨水タンクは、そんないざという時のための、備えになります。

激安ウッドデッキのリスクについて

ウッドデッキ設置の料金は、決して安いモノではありません。
ですが今はネット社会なので、ネットで検索すれば、
料金相場が分かりますし、激安料金でウッドデッキを設置してくれる業者を見つける事も可能です。

そのため料金を比較して、激安でウッドデッキを設置してもらう事が出来た、お買得だったと喜んでいる人もいるかもしれません。
しかし本当にそれは、お買得だったのでしょうか?
激安ウッドデッキを設置した事を、1年もしないうちに後悔する日がやってくる可能性が高いと言えます。

では激安の理由を、後悔する理由について紹介していきます。
まず素人目には、パッと見た目では木の種類やその耐久性なんて分かりませんよね。
またウッドデッキの下の土台状況は、ウッドデッキに隠れて見る事が出来ません。

そのため完成直後には、その激安ウッドデッキの質の悪さには気づかないかもしれません。
ですがウッドデッキの土台の基礎工事をしっかり行わずに、
手抜き工事をした結果、床が沈み込んでしまったり、傾いてしまったりします。
またキチンと水捌けを考えて基礎工事をしていないと、雨が降ったり、
ウッドデッキで水を使用したりした場合に、すぐに水が溜まってしまい、ウッドデッキが腐ってしまう原因となるでしょう。

本来キチンと時間をかけて行う必要がある基礎工事で、
手を抜く事で人件費を抑える事が出来るので、悪質業者は激安料金でウッドデッキを設置する事が出来るのです。

また激安ウッドデッキの場合は、ウッドデッキを設置するのに必要なコストを質の悪さで抑えている可能性があります。
同じような材木に見えても、木の種類によって、耐久性も違えば、コストも大きく変わってきます。
耐久性が高い材木を使用し、塗料にも防水加工や防腐効果がある成分が含まれるモノを使用すると、コスト代が高くなります。

つまり激安ウッドデッキは、耐久性が低く、塗料も安くて効果が薄いモノを使用しています。
そのためコスト代が安く、ウッドデッキ設置の料金も激安にする事が可能なのです。
ですが、品質の悪い材木と塗料で作られたウッドデッキの耐用年数は、当然ながら短くなってしまいます。

最近では、ウッドデッキの耐用年数は15~20年と言われています。
ですが激安ウッドデッキの場合は、1年もすれば次々とトラブルに見舞われる事になってしまうでしょう。
しかも優良業者であれば、10年間の保証がついていますが、悪質業者の場合は保証がついていません。

そのため1年未満でダメになってしまうケースが多発しています。
そうなるといくら激安でも、最初にウッドデッキ設置にかかった費用とダメになったウッドデッキを撤去するのにかかる費用。
さらに優良業者にもう一度ウッドデッキの設置を依頼しようと思ったら、さらに費用が嵩んでしまいます。
激安ウッドデッキの方が、お買得どころか結局高い買い物になる可能性が高く、
まさに安物買いの銭失いのことわざの通りになってしまいます。

ウッドデッキ専門施工会社 ワールドフォレスト